金沢清水情報
※その他岩手県名水情報
http://www.meisuiyugi.net/archives/iwate.html

※その他昭和の名水百選情報
http://www.meisuiyugi.net/archives/showameisui-hyakusen-matome.html


場所
岩手県八幡平市松尾寄木Googleマップの地図

行き方
JR東北新幹線、JR田沢湖線(秋田新幹線含)
JR東北本線、JR花輪線、JR山田線
IGRいわて銀河鉄道盛岡駅下車。
下車後、岩手県北バス盛岡〜八幡平線に乗り
東八幡平交通センターで下車。
下車後徒歩10分。

交通の便
JR東北新幹線は八戸方面へは1時間1〜2本
東京方面へは1時間に1〜5本電車があり。
JR田沢湖線(秋田新幹線含)は
朝の6時代を除き1時間に1〜4本電車があり。
東北本線は1時間に1〜4本電車があり。
IGRいわて銀河鉄道は朝9時代を除き
1時間に1〜3本電車があり。
JR花輪線は1日10本汽車があり。
JR山田線は1日7本汽車があり。

岩手県北バス盛岡〜八幡平線は
往復16本程度バスがあり。

飲用出来るかどうか?
飲用可。

簡単な感想

この日は金沢清水を見学する為、始めて盛岡駅で下車をしました。

盛岡駅下車後、バス停のある場所から盛岡市街を見ると
県庁所在地なだけの事はあり、駅前から大変にぎやかな雰囲気を感じました。

その後はすぐに八幡平方面へと向かうバスへと乗り込み
今回の目的地である金沢清水へと移動します。

金沢清水の最寄りバス停である東八幡平交通センターへは
盛岡駅から1時間ほどで到着し、バス下車後は更に歩いて10分ほどで金沢清水に到着です。

今回東北地方へと移動する際に使った新幹線を乗車した大宮駅や
最寄り駅付近は朝から気温が高く、朝7時過ぎの早い時間に新幹線に乗る時でさえも
汗がだらだらと垂れてくる位に蒸し蒸しとしていましたが
盛岡市や八幡平の麓にある金沢清水付近はカラッとした空気で非常に涼しく
特に八幡平周辺は大きな商店や工場がない事から静かで空気もよく
落ち着いて散策をするにはいい場所でした。

金沢清水へと向かう際には、水源の手前に魚の養殖を行っている
岩手県内水面技術センターがあり、大量に魚が養殖されている水槽のあるエリアを抜けると
その奥に金沢清水と思しき場所があります。

金沢清水と思しき場所からは物凄い勢いで水が吹き出しており
417a2f8c.jpg



水が大量に噴出している脇に水を汲む場所があったので
早速一杯飲んでみると、硬度が高い水のような濃い重い味の水でした。

その後近くにある看板を見ると、更に奥に金沢清水の源泉があるようなので
更に奥の森の中へと進んでいくと、水が大量に噴出している所から5分ほどの場所に
金沢清水の源泉を見学が出来る高台があります。

金沢清水の源泉は、手前側の水が勢い良く噴出している場所よりインパクトはありませんが
こんこんと大量に水が湧き出しており、湧水量が豊富なことによって
池のような見た目な湧水となっており、同じく湧水池の新潟県にある
竜ケ窪の池を小さくした様な雰囲気の水源でした。
17c9db70.jpg


金沢清水の源泉の水の中にはクレソンが生育しており、水の良さにさらに期待が持てました。

お勧め度
5段階評価で4